2008年03月26日

ボールと飛ばす秘訣

tiger.jpg


芯を食っても ドライバーが 飛ばない理由は、勿論、ヘッドスピードの不足であるが、それでは どのようにしたら ヘッドスピードが 上がるのだろうか。ヘッドスピードを 上げるための第 1番目の秘訣は、タメの効いたスイングをすることにある。
加えて、第 2番目の秘訣は、腰の使い方を習得することだ。注意点は 回転軸が (左に) 移動しないないように、右足 (ニーアクション) を使うところにある。右に傾くような形になるが、腰は ダウンスイングのトリガーの役割をし 上半身 (肩) の回転をリードする形になる。結果として ダウンスイングでは 頭は軸よりも右に 腰は軸よりも左に移動するイメージになる訳だ。ダウンスイングの段階で 体重移動は、トータルとしてほとんどないような状態だが、下半身はターゲットの方に、上半身は後ろにという状態になる。すなわち、頭がボールよりも後ろに残っている形が出来上がらなければならない。

tiger2.jpg


しかし、正しい腰の動きがないまま 頭を残すような形になると 体重が 後ろに移動してしまい、所謂、明治の大砲 と言われるショットになってしまうのである。正しい腰の動きとニーアクションが出来てはじめて、インサイドから入ってくるクラブヘッドがインパクト時にスクウェアーになり、そこからフォロースルーにかけて体重が左へと自然に移動し、その時にパワーの伝達が効率良く行われる訳だ。

試しに、クラブを持たずに ドライバーのアドレスの姿勢を取ってから 右足に体重を乗せ、さらに右足の膝を少し曲げて見よう。その状態から腰を少し左にスライドさせ、頭の位置は 動かさないように 左右の足に 50/50 で体重がかかるようにする。さらに、そこから肩は回さずに腰をターゲットの方に開くように回すと 動画のような形になるはずである。そして、その姿勢からボールを打つことをイメージして見よう。ボールを 遠くに飛ばせるように感じるはずである。特に アドレスの姿勢からボールを打つ感覚と比べれば、その差は一目瞭然のはず。 ただし、実際のスイングで この形にあまり拘ると 体の上下動や左右へのスライドが大きくなってスイングの正確さがなくなることもあるので、そのバランスを見ながら自分のスイングに この概念を取り入れるようにしていくと良いだろう。

いずれにしても、ゴルフスイングは 回転運動が基本で 軸を中心に体を回転させてスイングすることが大切なのだ。
【関連する記事】
posted by タイガーウッズ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。