2008年03月26日

ボールと飛ばす秘訣

tiger.jpg


芯を食っても ドライバーが 飛ばない理由は、勿論、ヘッドスピードの不足であるが、それでは どのようにしたら ヘッドスピードが 上がるのだろうか。ヘッドスピードを 上げるための第 1番目の秘訣は、タメの効いたスイングをすることにある。
加えて、第 2番目の秘訣は、腰の使い方を習得することだ。注意点は 回転軸が (左に) 移動しないないように、右足 (ニーアクション) を使うところにある。右に傾くような形になるが、腰は ダウンスイングのトリガーの役割をし 上半身 (肩) の回転をリードする形になる。結果として ダウンスイングでは 頭は軸よりも右に 腰は軸よりも左に移動するイメージになる訳だ。ダウンスイングの段階で 体重移動は、トータルとしてほとんどないような状態だが、下半身はターゲットの方に、上半身は後ろにという状態になる。すなわち、頭がボールよりも後ろに残っている形が出来上がらなければならない。

tiger2.jpg


しかし、正しい腰の動きがないまま 頭を残すような形になると 体重が 後ろに移動してしまい、所謂、明治の大砲 と言われるショットになってしまうのである。正しい腰の動きとニーアクションが出来てはじめて、インサイドから入ってくるクラブヘッドがインパクト時にスクウェアーになり、そこからフォロースルーにかけて体重が左へと自然に移動し、その時にパワーの伝達が効率良く行われる訳だ。

試しに、クラブを持たずに ドライバーのアドレスの姿勢を取ってから 右足に体重を乗せ、さらに右足の膝を少し曲げて見よう。その状態から腰を少し左にスライドさせ、頭の位置は 動かさないように 左右の足に 50/50 で体重がかかるようにする。さらに、そこから肩は回さずに腰をターゲットの方に開くように回すと 動画のような形になるはずである。そして、その姿勢からボールを打つことをイメージして見よう。ボールを 遠くに飛ばせるように感じるはずである。特に アドレスの姿勢からボールを打つ感覚と比べれば、その差は一目瞭然のはず。 ただし、実際のスイングで この形にあまり拘ると 体の上下動や左右へのスライドが大きくなってスイングの正確さがなくなることもあるので、そのバランスを見ながら自分のスイングに この概念を取り入れるようにしていくと良いだろう。

いずれにしても、ゴルフスイングは 回転運動が基本で 軸を中心に体を回転させてスイングすることが大切なのだ。
【関連する記事】
posted by タイガーウッズ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月25日

ゴルフ道具基礎知識

どのようなクラブを選び、どんな使い方をすれば良いのかを知ることは、ゴルフ上達のために欠かせない知識である。まずは ロフト、フェース角、重量、シャフトの仕様と特性、クラブヘッドの構造や重心の影響、ソールの役割などについて 基本的な知識を身につけることが重要である。

個々のゴルフスイングには それぞれの個性があり、その個性に合わないクラブというものもあるし、スイングの欠点をある程度補ってくれるクラブがあるのも事実だ。また、ショートゲームの上達には 正しいウェッジの知識を身につけて、その使い方をマスターする必要もある。ソールの形状やバウンス角がどのようにプレーに影響を与えるのかなどといった知識も必要だろう。パターに至っては、数え切れないほどのスタイルのクラブが出回っているから、そうしたクラブのデザインコンセプトを 十分理解した上で、自分には どのようなパターが合っているのかを 考えて欲しい。


最近の技術進歩で最も変わったクラブは 何と言っても ドライバー、フェアウェーウッド、ユーティリティークラブなど遠くへボールを飛ばす為のクラブと言えるだろう。もし、あなたがまだ 5年以上前に購入したドライバーを使っているとしたら、新しいモデルを考えて見る時期に来ていると言えるかも知れません。最近のドライバーは チタンやコンポジットなどの軽量素材の特徴を上手く使った大型ヘッドが主流で、スイートエリアも大きく、ボールを捉えやすくなっています。正しいクラブ選びをすれば、飛距離も伸びるはずだ。

ただし、最近のドライバーは 低スピンで高い打ち出し角によって距離を出すという道具の設計になっているし、ボールもそのように変化しているから、古い高スピン時代の考えで、ボールが吹きあがるから ロフト角を立てて飛ばそうという考え方でクラブを選ぶと良い結果は出ません。低スピンのボールとヘッドの構造だから、それでは、ボールがドロップしてしまうはずだ。 多くのゴルファーが昔からのロフトの概念でロフトの立ったものを買っているようだが、そうした考え方の人は それを変えて もっとロフトのあるクラブに変えた方が良い結果が期待できるだろう。

また、クラブの品質のばらつきなどについても知っておきたいものである。そして、機会を見て、今使っているクラブのスペックを上級者や専門家に見てもらうと良いかもしれません。
posted by タイガーウッズ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。